毎日の洗濯でイラっとする事

洗濯は主婦がやって当然と思われている方もおられるかも知れませんが、それなら協力する事も大切ですよね。
我が家ではその洗濯物の出し方にイラっとする事がよくあるのです。

洋服は脱いだままの状態で洗濯機に入れている事もよくあり、特に長袖の場合は右の袖は表向き、左の袖は裏向きという状態だったり、ジーンズ等の場合も同じような事がよくあります。
『きちんと表を向けて洗濯に出して。』と何回注意しても直りません。

最近では注意をするのも疲れ、裏向きで洗濯に出したら、裏向きのまま干して畳んでやります。
それ以上は何も言わないので、この怒りが伝わっているかどうかはわかりませんが。

もう一つ、選択をしていて大きなストレスが、片方しかない靴下。
子供が学校に履いて行く靴下は特に同じような色のものが多いので、左右を合わせるだけでも面倒です。
それなのに、片方がないとなると、そのストレスは頂点に達し、怒りに変わります。

その対処としては、“靴下は小さめの洗濯ネットに左右が揃っている事を確認してから入れる。それ以外の靴下は洗わない。

”と決めました。
今はそれは守ってくれているようですが、ちょっとした手間でも毎回となると面倒になるという事は、一度やってみないとわからないかも知れませんね。
もう少し、子供にもお手伝いをさせないとダメですね。

Categories: nocategory